[PR] 高濃度コロイドヨード水の無料試飲実施中!

コロイドヨード療法にかかる費用

コロイドヨード療法は、代替医療クリニックで治療を受けるか、もしくはコロイドヨードを販売している製薬会社より購入し、自分で内服治療するかのどちらかです。

ここではコロイドヨード療法にかかる費用とがんの他の治療法である三大療法と先端医療にかかる費用を紹介し、コロイドヨード療法という選択がどういった方に選択されているかについて、ご紹介いたします。
 

コロイドヨード療法にかかる費用ってどれくらいなの?

コロイドヨード療法は、保険適用外の自由診療のため、保険が適用される三大治療に比べて非常に高額です。

コロイドヨードは、クリック、またコロイドヨードを取り扱っている製薬会社より購入することが可能ですが、500mlの内服液の場合、1本あたりの価格はクリニックで購入した場合は5万円~7万円程度、個人で製薬会社から購入した場合は3万円程度とかなり高額です。

内服によるコロイドヨード療法は、1回30mlを2時間おきに1日に7回、即ち2日で1本使用することになりますので、1ヶ月に換算すると15本程必要になります。

従って、個人でコロイドヨードを購入して自宅で治療を行う場合、1ヶ月あたり45万円クリニックで購入して自宅で治療する場合は75万円、クリニックで診察や検査も受けながらの場合にかかる治療費は、約100万円程度になると言われています。
 

三大療法で治療した場合の費用は?

国民保険、または社会保険に加入されている方が、保険が適用される三大療法でがんを治療した場合、1ヶ月あたりに負担しなければならない治療費は9万円以下になります。

これは、1ヶ月あたりの自己負担額が、一定の金額内に収まる高額医療制度が適用されるからです。

通常の3割負担のがんの治療費は、がんの病種や進行状況にもよりますが、1ヶ月あたり約30万円程度で、仮にこれらの治療が保険適用外の自由診療だったとしたら、およそ100万円程度で、コロイドヨード療法と同等の治療費になります。

三大療法によるがんの治療費は、この高度医療制度が適用されるため、1/10程度の負担で済んでいるのです。

なお、最新の検査装置を使用した診察や、新薬を使用した抗がん剤治療などは、保険が適用されない場合があり、自由診察扱いにより、別途治療費が発生する場合があります。
 

先端医療で治療した場合の費用は?

がんの先端医療として取り扱われている陽子線治療や重粒子治療などは、保険が適用されないため、これらの治療を受ける場合にかかる費用はおよそ300万円程度と言われています。

コロイドヨード療法の約3倍以上と治療費としては、非常に高額なため、備えがない方が治療に選択することはとても困難です。
 

がんの治療には費用と期間がかかります

がんを患い、保険が適用される外科的手術で治療する場合、病種、がんの進行状況にもよりますが、約1ヶ月程度の入院が必要になります。

その後も治療のため通院や、抗がん剤治療のために入退院を繰り返さなければならないため、経済、身体、精神的負担が大きくのしかかります。
 

”からだにやさしい治療”という選択肢

コロイドヨード療法は、先端医療程ではないものの、決して安い治療とは言えません。

ただ、コロイドヨード療法は、外科的手術による体力の低下や、抗がん剤治療などによる副作用などを招かないからだに負担がかからない投薬だけの療法です。

がんの治療のため、長期間、仕事を休んだり、辞めたりすることなく、仕事を続けながら治療を受けることが出来ますし、病院の付き添いや身の回りの世話などで家族に負担をかける心配もありません。

コロイドヨード療法を取り入れているクリニックの医師や、コロイドヨード療法をがんの治療法として、自身で選択された大半の方は、からだにやさしいことこそが、コロイドヨード療法の最大のメリットとして理解しています。
 

もし自分ががんになってしまったときのために

日本人の死因の1位はがんで、約3割を占めており、3人に1人の方はがんで亡くなっています。

この状況は35年間ずっと変わらず、またがんが死因で亡くられている方は、年々増加しています。

三大疾病と言われている、「がん」、「心疾患」、「脳卒中」のうち、「心疾患」と「脳卒中」で亡くなられた方は年々減少しているものの、「がん」に限っては、1985年は約150万人だったのに対し、2015年は300万人と約倍以上にまで増えているのです。

今現在、健康な方には実感がわかなないかもしれませんが、”もし自分ががんになってしまったら?” といった場合に備え、がんに対する治療法や費用について、一度しっかり考えてみることを強くおすすめいたします。

また、最近のがん保険は、がんと診断された時点で保険金が給付されるものが殆どです。

従ってコロイドヨード療法といった治療費が高額な代替医療でさえも、自分のがんの治療に選択することは十分に可能です。

 

コロイドヨード製品比較記事はコチラ