[PR] 高濃度コロイドヨード水の無料試飲実施中!

がん再発予防に効果的な対策まとめ

がんの再発とは

細胞レベルで全身に散らばってしまっている場合、すべてのがん細胞を取り除くことができなければ、それらの散らばったがん細胞はやがて再発という形で現れてきます。

つまり再発とは、肉眼によって確認できないものを含め、転移しているがん細胞によるものといえます。

一方で、転移が認められない早期のがんは、手術により100%がん細胞を取り除くことが可能となります。

そして、それは治癒を意味します。

また、抗がん剤や放射線治療により、小さくなっていたがんが再び大きく成長した場合にも再発という表現をします。

がんの再発には、その経過と場所によって種類が変わってきます。
 

局所再発

「浸潤」による転移で原発であるがんの場所と同じ、またはごく近い場所に発生します。
 

領域再発

「播種性転移」とよばれる転移により原発であるがんの発生場所の近くのリンパ節や組織で成長し現れるものです。
 

遠隔再発

「血行性転移」「リンパ行性転移」、これらはがん細胞がリンパ液や血液の流れにのることで、他の臓器にたどり着きそこで増殖するものです。原発から遠い臓器や組織で再発するのが特徴です。
 
がんの再発は、転移の場所によって全身どこでもおこる可能性があるのです。
 

再発しやすいがんの種類

再発しやすいがんは5年生存率、10年生存率でみることが可能です。

胃がんや大腸がんなどは、5年生存率を過ぎても死亡率がほとんど推移しません。5年をめどに治癒が期待できるがんと位置付けることができます。

一方で女性に多いとされる乳がんでは、5年生存率を大きく過ぎたあとにも再発による死亡率があがることがわかっていて、長い経過観察が必要ながんです。

また術後5年以内に再発が起こりやすいがんも再発しやすいがんといえるかもしれません。

同じがんであっても、がんのできた場所やがんの性質、患者さんの健康状態によって再発のリスクは変わってきます。
 

がん再発予防に効果的な対策

がんは再発率が高い病気ですが、その再発を予防することはできるのでしょうか。

近年では、がんの種類や性質、今までの治療の成果などからある程度の再発を予測することが可能となっています。それらの情報を駆使し、対策をとることができるのです。

可能な対策として「化学療法」「放射線療法」「免疫療法」などの再発予防療法があげられます。

「化学療法」は、抗がん剤による全身治療です。全身に散らばった小さながん細胞を攻撃し、成長を抑えることで再発を防ぐ効果が期待できます。

しかしながら、脱毛や吐き気などの副作用が強いことが懸念されます。

「放射線療法」は、術後にその周辺に潜んでいるかもしれないがん細胞に対し、放射線を当てることで小さながん細胞を死滅させることを目的とした予防法です。

局所再発や領域再発に対して効果的だと考えられます。

「免疫療法」は、自身の免疫力を高めることでがん細胞に対抗できるようにすることを目的とした予防法です。

基本的に免疫力が弱っている状態では「化学療法」や「放射線療法」も高い効果が期待できません。免疫力は非常に重要なのです。

また副作用もほとんど認められず、がん治療後の体でも無理なく続けることができる予防法だと考えられています。

免疫療法では、肝臓がんの再発予防、再発防止効果があるとして活性化自己リンパ球療法が有名です。

しかしながら現在のところ、活性化自己リンパ球療法は限定的な効果しか得られていません。

また、免疫療法の代替療法の中にはコロイドヨードのように免疫を高めることができるものがあります。
 

まとめ

がんの転移、再発についての確実な予防法はまだわからない部分も多いのが現実です。

一部のがんでは成果があるものも、すべてのがんに効果があることは認められておらず日々研究が進められている段階です。

上記の再発予防療法だけでなく、自身が日々の生活の中で無理なくできる予防法があります。

食事を見直す、運動を心がける、喫煙や飲酒などの生活習慣の改善などに気を付けることががん再発予防の第一歩といえるかもしれません。
 


▲高濃度コロイドヨード水「活水」▲