[PR] 高濃度コロイドヨード水の無料試飲実施中!

がんの代替医療としてのコロイドヨード

がんの代替医療として注目されているコロイドヨード。
 
ここでは、がんの標準医療である”三大療法”とそれ以外を指す、”代替医療”について、また、がんの代替医療であるコロイドヨード療法のメカニズムについてを紹介いたします。
 

がんの三大療法とは?

学会等が定めたがんの標準治療である、外科的手術、抗がん剤治療、放射線治療のことをがんの三大療法と言います。
 

代替医療とは?

代替医療とは、標準治療以外の治療のことで、がんに限った場合、三大療法以外の全ての療法が代替医療に当てはまります。

がんが発見された時期が遅く、外科的手術が困難、体力、体質的な問題により、抗がん剤や放射線治療が困難な方が選択される場合や、がんの三大療法に対して、そもそも不信感を抱いている方などが、代替医療を選択する主な理由です。

代表的ながんの代替医療としては、

温熱療法、漢方薬、テラヘルツ波、放射線ホルミシス、イメージ療法、食事療法、有害物質の排除、体力の維持、大量自家血オゾン療法、免疫細胞療法、アントロキノノール、大量ビタミンC点滴療法、水素の利用、

などが挙げられ、コロイドヨード療法も代替医療に位置付けられています。

代替医療の特徴として、外科的手術や抗がん剤治療といった治療と異なり、“身体に優しい”療法であることが特徴として挙げられます。

日本では医師が、その患者に必要と認めた場合にのみ、コロイドヨードは処方し、自由医療のもと、コロイドヨード療法を利用することが出来ます。
 

代替医療にコロイドヨードが注目される理由

がんの代替医療として注目されているコロイドヨードは、

  • がん細胞(悪性細胞)のみを死滅させる。
  • 正常細胞には、ダメージを与えないどころか、むしろ活性化する。
  • 強い副作用が今現在見つかっていない。
  • がんの抗がん剤治療等でネックになる抗がん剤への“耐性”が今現在見つかっていない。
  • 体内に蓄積することがない。

などが特徴として挙げられ、自身に身体、精神的に強いダメージを与えてしまう、抗がん剤治療のデメリットが解消された治療法とも言われています。

一般的ながんの療法である、三大療法は全てのがん患者の方に適用できるというわけではなく、進行が進んだがんや、年齢、体力、体質的な問題により、諦めざるを得ない方が大勢いらっしゃるのが実情です。

一方、代替医療であるコロイドヨード療法は、療法そのものが体に優しい療法であるため、末期がん、高年齢、体力に自信のない方、などにも適用できることが、注目をあつめる一番の理由なのです。
 

コロイドヨードががんに作用するメカニズム

コロイドヨードはがん細胞だけに作用する

一般的な抗がん剤治療というものは、がん細胞を死滅させるために正常細胞と悪性細胞とを分け隔てなく、細胞にダメージを与えます。

甲状腺にてタンパク質と結合したコロイドヨードは、血液を介して、全身の細胞を巡ります。

がんなどの悪性細胞は、貪欲にタンパク質などの栄養素を求める性質があり、正常細胞より、より多く、コロイドヨードを取り込み、死滅させ、体外に排出させます。

また、細胞を包む役割を果たす、細胞膜は、悪性細胞と正常細胞とでは性質が異なり、がんのような悪性細胞の細胞膜だけが、コロイドヨードを通過させるとも考えられています。

コロイドヨードには耐性がない

耐性とは、抗がん剤治療などで、使い続けているうちに、その効果が下がってくることを意味します。

通常の抗がん剤治療では、その効果が下がってくることは良くあるケースで、ある抗がん剤の効果が下がってくると、別の抗がん剤に切り替えるといった療法を繰り返します。

コロイドヨードには、今現在、使用し続けることで耐性が見つかったケースはありません。

ひとたび作用していることが分かりさえすれば、他の療法を模索することなく、その療法を継続的に続けることができるのは、非常に有用なことなのです。

コロイドヨードには蓄積性がない

一般的な抗がん剤治療で使用する抗がん剤は、体内に取り込んでしまうと、全てを排出されるまでにかかる期間は2年にも及ぶと言われています。

抗がん剤治療に限りがあるのは、この蓄積性によるところもあります。

一方コロイドヨードは、体内に取り込んでから、約2時間で尿として排出されるため、蓄積性に関して心配することなく、安心して使用し続ける、即ち、療法を継続することができるのです。
 

日本におけるコロイドヨード療法

コロイドヨード療法をはじめとする代替医療は、アメリカ、英国、ドイツといった西洋医学をけん引する医療先進国では、あらゆる可能性を模索し、医療に活かすための試みが繰り返されていますが、残念ながら日本では、コロイドヨードはおろか、代替医療に対しても、後進国あるのが現状です。

代替医療の臨床研究は進まず、国内では、大病院はおろか、一般的な病院ですら、コロイドヨード療法に消極的なのが実情なのです。

ただ日本でも、インターネットを利用することで、がんの治療情報を一般の方が閲覧することが出来るようになった背景もあり、代替医療を専門に開業したクリニックを利用し、コロイドヨード療法を始めている方が、今、急速に増え始めています。

 

コロイドヨード製品比較記事はコチラ