[PR] 高濃度コロイドヨード水の無料試飲実施中!

コロイドヨードのサプリメントってあるの?

コロイドヨード

コロイドヨードはがんの治療に有効とされている免疫療法に並ぶ代替療法として使用することが可能です。

無機性ヨードに対して、有機性ヨードとも呼ばれるコロイドヨード。ヨウ素と水素を結合させることで、無機性ヨードの毒性を排除した水溶性のものです。

主に内服による摂取が主流ですが、それぞれのがんに足して効果がある方法で投与することが可能なようで、点滴注射、吸入、胸腔内・腹腔内投与などがあげられます。

服用経験者によると、お世辞にもおいしいとは言えない味であるといいます。渋みや苦みが多いという特徴があります。

1回あたりの量は30ml前後と決して多いものではありませんが、コロイドヨードの味が苦手な人にとっては服用すること自体が苦痛となってしまう恐れがあります。
 

コロイドヨードのサプリメントってあるの?

サプリメント状のコロイドヨードは存在します。おそらく、もう少し手軽にコロイドヨードを摂取することができれば…と考えるがん患者の方は多いと考えられます。

また、がんを克服した人の中にも、再発の予防のために服用を考えている人もいるでしょう。そんな人たちのためにも無理なく服用できるサプリメントなどが開発されたのではないでしょうか。

サプリメントタイプであれば、持ち運びするにも軽く、出先でも簡単に服用することが可能になります。

またカプセルや錠剤によってコーティングされることで、コロイドヨード独特ともいえる味が最小限に抑えることができ飲みやすさが増すと考えられます。

もちろんコロイドヨードはもともと水溶性でありますが、錠剤やカプセル状になったからといって、効果が違ってくるわけではありません。

しかしサプリメントでも、1日当たりの服用回数は水溶性のものとさほど変わりません。

服用する人の状態によって変わりますが、1日に4回から7回の摂取が望ましいとされています。

味が苦手で服用しずらい場合や、仕事に復帰したことで外出先での服用が多い場合にはコロイドヨードのサプリメントがおすすめといえるでしょう。

一方でカプセルや錠剤が飲み込めない場合には水溶性のタイプがおすすめです。自分に合った方法で摂取することが重要です。
 

コロイドヨードの購入にあたって

コロイドヨードによる民間療法は日本ではあまり浸透していない現状があります。

そのため、大きながん専門病院などでの取り扱いはほとんどなく、比較的小規模なクリニックなどで受けることができる療法です。

そのようなクリニックでの治療のほかに、民間の製薬会社でコロイドヨードを扱う企業からもインターネットを通じて購入することが可能となっています。

購入を検討する場合には、自身の生活スタイルに合わせ服用しやすい方を選ぶといいでしょう。
 

コロイドヨードサプリメント

コロイドヨードのサプリメントは水溶性の飲むタイプに比べると、あまり見かけません。

クリニックなどでコロイドヨード療法を受ける場合にサプリメントタイプが希望であれば、一度相談してみることが望ましいです。