[PR] 高濃度コロイドヨード水の無料試飲実施中!

コロイドヨード治療と好転反応について

好転反応とは、治療の過程で一時的に起こる体の反応のことです。コロイドヨードにも好転反応はみられるのでしょうか。
 

コロイドヨードの効果

コロイドヨードはがんの代替医療としてよく耳にします。しかし、がんのみならず他の様々な病気にも効果があるとされています。

基本的に悪性の細胞に対し効果を発揮するもので、がんやウィルス性の病気、糖尿病、アレルギー疾患、自閉症などにも使用することが可能です。

老化した細胞、ガン化した細胞、活性酸素や有害物質を吸着し、体外へ排出し、身体の機能を活性化するとされているコロイドヨード。

新陳代謝を高めてくれるので、体温があがり免疫力がアップします。それが結果として自身の自然治癒力につながるのです。

そのため、健康維持のために普段から服用する人もいるほどです。
 

コロイドヨードによる治療

一般的にがんの場合、クリニックなどで治療を受ける際には、点滴や注射などで直接的に体内にコロイドヨードを入れる治療になります。

一方、民間の製薬会社などからコロイドヨードを購入する場合には自宅で少量を何回かにわけて飲むという治療が主です。

コロイドヨードの体内滞在時間は2~3時間程度といわれています。そのため点滴や注射、服用共に一日のうちに何回か体内に取り込むことが必要となります。

症状や病気の内容によって変わってきますが、点滴や注射で一日2~3回、飲料として服用する場合は1日4~7回が目安といわれています。
 

コロイドヨードによる好転反応

コロイドヨードは、日本においてまだ広く認知されていないためこれといったエビデンスがないのが現状です。

そのために副作用についてもまだわからない部分が多く、同様に好転反応についても一概にいえるものではなく、人によって症状は様々といえるでしょう。

実際にコロイドヨードの経験者の間でよく聞かれる好転反応についてあげてみます。
 

発熱

新陳代謝があがることによる体温上昇のためと考えられます。注射での治療を行った際におおくみられます。
 

下痢

コロイドヨードが悪性物質を取り込み排出される際に起こる一時的なものであるといわれています。
 

嘔吐、吐き気

コロイドヨード自体、決しておいしいものではないために味が苦手な場合、服用する際に起こる可能性があります。
 

眠気

体温上昇による発熱が原因と考えられます。
 

皮膚の赤身や発疹など

活性酸素や有害物質などの排毒によるもので比較的多くみられる反応です。
 

がんの腫瘍マーカーが一時的に上昇

腫瘍細胞が一気に数多壊れた際に、がん細胞が持っている腫瘍マーカーがが一気に放出され、これが血液の中に入ることで起こるものです。
 

がんの病巣やリンパの痛み

がんが発生した場所で痛みを感じる人がいるようですが、理由はわかっていません。
 

上記のように、コロイドヨードによる治療で一時的な好転反応を示す場合があることがわかります。必ずしも全員に表れる症状ではないものの、全くないというわけではないようです。

しかし好転反応に関しては、代替医療といわれるコロイドヨードに限らず、どのような治療でもおこるものといえます。