[PR] 高濃度コロイドヨード水の無料試飲実施中!

活性化リンパ球療法とは

近年がんにおける治療法として注目を集める免疫療法。
 

がんにおける免疫療法

京都大学の本庶佑教授の研究グループによって発見され話題になったことは記憶に新しいと思います。三大療法に並ぶ第四の治療法として免疫療法。

自身の免疫力をあげることで細胞を正常化してがんと闘う治療法です。抗がん剤などが効かなくなってしまった場合にも有効であることがわかってきました。

現在実際に使用されている薬として、免疫チェック阻害剤(ニボルマブ:商品名 オプジーボ)があげられます。

免疫チェック阻害剤を例にあげてみてみましょう。

体の中でT細胞という細胞ががん細胞と闘う役割を果たしていますが、PD-1というタンパク質が、T細胞ががん細胞を攻撃できないようにしてしまいます。

がん細胞が自らを守るために、T細胞にブレーキをかけてしまうのです。T細胞にかかったブレーキを外すのが免疫チェック阻害剤です。

免疫チェック阻害剤はPD-1にしっかりと結合し、がん細胞が出したT細胞を抑える信号をブロックします。

これによって、T細胞にかかったブレーキが外され、T細胞は活性を取り戻して、再びがん細胞を攻撃できるようになるのです。

このように免疫に直接はたらきかけ、がん細胞を攻撃する免疫療法がある一方で、免疫力の底上げをすることでがんと闘うという免疫療法が存在します。

後者の免疫力の底上げを目的とした療法では、病気によって体力が落ち、そもそもの免疫力が低下している場合にも効果を発揮すると思われます。
 

活性化リンパ球療法とは

免疫力の底上げをする免疫療法の中で活性化リンパ球療法というものがあります。リンパ球数が極端に少ない場合などに実際にがんを攻撃するリンパ球を培養することで大幅に増やす治療です。

方法としては、患者さんの血液からリンパ球を採取し、体外で細胞を刺激する物質(サイトカインなど)を用いて培養、増殖させて体内に戻す治療方法です。

2週間ほどで培養が完了すると、点滴によってリンパ球の増えた血液を体内に戻すという流れになります。

抗がん剤などのがん治療の副作用によってリンパ球が減ってしまうと、がん細胞を攻撃できなくなります。

抗がん剤や放射線などの治療で弱った免疫力を回復させ、がんと戦う力が高めることを目的とする治療法です。

手術、抗がん剤、放射線療法、緩和医療など、ほぼすべてのがん治療との併用が可能と言われています。また樹状細胞ワクチン療法と併用することでがんを攻撃する力を高めることも可能です。

採血と培養と投与を繰り返すだけの手軽さなので、金額的にも他の免疫療法に比べ安価だといえます。そしてもちろん副作用はほぼありません。
 

様々な免疫療法

免疫療法は、免疫力が低下する前に行うことで大きな効果を発揮します。しかし、がん細胞によって弱ってしまったときでもできる免疫療法はあります。

そんなときこそ活性化リンパ球療法のように全体的に免疫力をあげるような免疫療法がいいのかもしれません。

自身の体の調子や病気の進行度などをよく理解し、自分に合った免疫療法を受けることが大事です。