[PR] 高濃度コロイドヨード水の無料試飲実施中!

逆流性食道炎のがんリスクについて

若年層にも増えつつある逆流性食道炎。実は食道がんとの密接な関係があることがわかってきました。
 

逆流性食道炎とは

胃食道逆流症には、逆流性食道炎と非びらん性胃食道逆流症があります。

胃の中にある食べ物や胃酸そのものが、逆流して食道にあがってくる症状のことです。食道は扁平上皮という粘膜粘膜で覆われていますが、胃や腸の粘膜円柱上皮という胃酸からの刺激から守る粘膜で覆われています。

食道を覆う扁平上皮には胃酸から守るそのための機能がありません。そのため胃酸が食道に逆流して粘膜を刺激することで炎症を起こしてしまうのです。

食道が胃酸に晒される時間が長いほど炎症がおきやすいとされています。

逆流性食道炎では、胸やけなどの症状の他に内視鏡検査による潰瘍やびらんがみられます。

一方で非びらん性胃食道逆流症では胸やけなどの症状はあるものの、潰瘍などはみられないことが特徴です。

逆流性食道炎と診断されたら、胃酸を抑える薬物による治療が一般的です。

薬による効果が出ない場合には外科的な手術を行うこともありますが、少ない症例といえます。
 

逆流性食道炎の原因と症状

原因

食道と胃をつなぐ部分には筋肉でできている下部食道括約筋が存在します。本来その下部食道括約筋が胃液の逆流を防ぐ役割を果たしています。

加齢などでその筋力が低下し緩むと、胃の中のものが簡単に食道に戻ってきてしまうのです。そのため、多くは高齢者に多くみられる病気といわれています。

また、暴飲暴食や脂肪の多い食事、不規則な食生活、喫煙、また腹圧も原因のひとつと考えられています。

腹圧には便秘によるものや、妊娠、肥満により、胃を含む内臓に常に一定の圧力がかかっている状態が挙げられます。
 

症状

一般的にみられる症状として、食後の胸やけ、胸の痛み、胃もたれ、喉に酸っぱいものや苦いものがこみ上げてくる感じ、また空腹時や夜間の胸やけがあげられます。

また、せきがでる、声がかすれる、のどの違和感、耳の痛み、お腹が張るなど、一見食道とは関係なさそうな部分にまで症状が表れる場合があります。
 

逆流性食道炎と食道がんリスク

食道がんは食道の粘膜から発生する悪性腫瘍ですが、主に扁平上皮がんと腺がんの二種類にわけられます。

逆流性食道炎と関係が深いがんは腺がんです。

逆流性食道炎による炎症によって傷ついた食道の粘膜(扁平上皮)が、胃からの延長として胃と同じ粘膜(円柱上皮)に変化する症状をバレット粘膜といいます。

そしてバレット粘膜が存在する食道をバレット食道といい、それが食道がんのリスクを高めるといわれているのです。このバレット食道は近年欧米で非常に多くみられます。

バレット食道の場合、通常の食道と比べ食道がんへのリスクが30倍から120倍といわれています。

日本では食道がんの90%は扁平上皮がんといわれていますが、欧米では半数以上が腺がんを占めています。しかし、日本でもバレット食道と腺がんが増加傾向にあります。

喫煙による刺激や食生活の欧米化は肥満や慢性的な食道の炎症を引き起こすと考えられています。
 

逆流性食道炎の予防

生活習慣による刺激や炎症を最小限に抑えることが予防の第一歩といえます。食事に気を遣い、脂肪分の多い食事を避けることや暴飲暴食に気を付けることも必要です。

普段使用するオイルをオリーブオイルに変えるのは一定の効果が効果が認められています。

消化に負担をかけにくいオイルということがわかってきました。

また逆流性食道炎と思われる症状がある場合には、速やかに診察を受け、診断を受けた場合には早い段階で治療を始め、バレット食道になることを未然に防ぐことが重要です。

近年では欧米の食生活によって若年層にも広がっているという事実もあります。逆流性食道炎を予防することは食道がんのリスクを減らすことにもつながるのです。