[PR] 高濃度コロイドヨード水の無料試飲実施中!

温熱療法は本当にがんに効果があるのか

がん治療における温熱療法を知っているでしょうか。まだ三大療法が主流であるがん治療の中で温熱療法とは本当に効果があるのでしょうか。
 

温熱療法(ハイパーサーミア)とは

温熱療法(ハイパーサーミア)は高周波エネルギーにより、がん組織を加熱することでがん細胞を死滅させる方法です。

がん細胞が正常な細胞に比べて温まりやすく、熱に弱いことを利用した治療法です。

42.5度以上の温度でがん細胞が死滅するともいわれています。

温熱療法は、温熱治療装置を使って行われることが一般的です。平板電極で身体を挟みます。そこから高周波エネルギーを与えることにより体の内部に高周波電流が流れるようになります。

その熱により、がん細胞の温度を上昇させるといった仕組みです。表面の浅いがんだけでなく、深部のがんも選択的に42℃以上に温めることができます。

これによって正常細胞に影響を与えることなくがん細胞のある領域だけを狙って治療することが可能です。

そのため抗がん剤による副作用や術後の後遺症の心配などがないという部分がメリットといえます。

温熱療法を行うことで、がんそのものだけでなく周囲の組織も39~42℃近くの温度に上昇します。それは体内のさまざまな免疫が活性化することにもつながります。

細胞が正常に働くようになり、がん細胞に対して攻撃ができるようになります。これは今注目されている免疫療法と同じ考え方です。
 

温熱療法ががん細胞に与える効果とは

正常な細胞の場合、熱を加えられたり、動いたりすると血管が開き血液をたくさん流すことによって、余分な熱を放出しようとします。

一方でがん細胞はがん細胞は急速に成長する時に、自ら新生血管を増やしています。そこから酸素やエネルギーを取り込むことでがん細胞は進行します。

このがん細胞が作り出す新生血管は、通常の血管と違い神経からの指示などが受けられないために、高温の環境などにおかれた場合に正常な組織のように血管を拡張するという変化ができません。

熱を逃がすことができず、簡単に高熱となるのです。そうすると血流不足により酸素も足りなくなってしまいます。

がん細胞は高熱になり成長することが困難になるため死滅することになるのです。
 

温熱療法は本当にがんに効果があるのか

ここまで、がん細胞が熱に弱く温めることで熱によるがん細胞の破壊が有効であることがわかりました。

また温熱療法によって弱ったがん細胞は、ほかの治療法にも効果をもたらしてくれるという報告もあります。

化学療法の場合では、温熱療法によって体温が上昇し、血流がよくなることで抗がん剤が腫瘍細胞内に多く取り込まれ、薬の効果が増強されると考えられます。

がん細胞は血流の悪さから低酸素状態であることが多く、放射線治療に対する感受性が低いことが多いのが特徴です。温熱療法を行うことで、放射線による加温の効果がより強まるともいわれています。

つまり抗がん剤はより効きやすく、放射線の効果も高めてくれるのではないかと期待されているのです。

しかし温熱療法は臨床試験段階であることから、はっきりとした効果がわからないのが現状です。

現段階では温熱療法単体での治療だけでなく、標準治療の効果を高めるためのプラスアルファとして考えてみてもいいかもしれません。