[PR] 高濃度コロイドヨード水の無料試飲実施中!

抗がん剤治療はどれくらいの期間行うものなのか

がん治療で欠かすことのできない抗がん剤治療。耳にすることは多いですが、実際どのように進められていくものなのでしょうか。
 

抗がん剤治療とは

抗がん剤とは体内のがん細胞を薬によって攻撃する方法で、化学療法とも呼ばれています。

がん細胞の細胞分裂過程に働くとで、がん細胞の死滅を促す、がん細胞の増殖を妨ぐ、細胞が成長するのに必要な物質を作らせないことなどを目的としています。

抗がん剤治療は内服や注射や点滴による方法で行われます。主にがんの転移などにより、全身に広がっていると考えられるがん細胞に対する全身治療です。

また手術や放射線治療の前にがんを小さくする目的で抗がん剤治療を行う場合もあります。

抗がん剤は、がんのどのように作用するのか、作用する場所によってたくさんの種類にわけられます。それだけ多くの抗がん剤が存在しているといえます。

上記以外にも、ホルモンのバランスを調整することでがん細胞の増殖を防ぐホルモン療法、ある特徴を持ったがん細胞を攻撃する分子標的薬なども抗がん剤治療に含まれます。
 

抗がん剤治療の目的

初期の抗がん剤治療は、がんの再発や死亡率をさげるために行われます。転移による抗がん剤治療は、症状を和らげるためや延命効果のために行われることが多いものです。

また術後に抗がん剤治療が行われる場合は、確認できないような微小の転移を根絶させるためだと考えられます。
 

抗がん剤による副作用

抗がん剤治療は手術療法によってがんを切除したり、放射線療法のようにピンポイントでがん細胞を攻撃する治療と大きく違う点があります。

それは全身治療によって正常な細胞にまで影響を及ぼしてしまうことによって起こる副作用です。

分裂速度の速い血液細胞や口腔粘膜、胃腸粘膜、毛根の細胞などは、抗がん剤の作用の影響を受けやいとされています。そのため脱毛や吐き気は多くみられる副作用といえます。

また抗がん剤によって白血球の減少が起こると様々な病気に感染しやすくなったり、貧血や出血、下痢、皮膚の障害や爪の変化などの症状が現れます。

心臓、腎臓、膀胱、肺や神経組織の細胞が影響を受けることあり、生殖機能に障害がでることもあるといわれています。

これらは生活するうえで非常につらく重いものとなってきます。しかし副作用は使用する抗がん剤によっても大きく差があり、また個人差も大きいものです。

そのため抗がん剤を使用する目的と副作用、自身の体力などを考慮しながらうまくつかっていかなくてはいけません。
 

抗がん剤治療はどれくらいの期間行うものなのか

抗がん剤による治療は、がんの種類や進行度によって人それぞれです。服用や注射を毎日の場合もあれば、1週間に1~2回であったり、1か月に1~2回であったりします。

頻度にばらつきがあるものの、期間でいえば最低でも3か月はかかります。状態によっては1年、2年続くこともあるでしょう。

自身の体力や今後の生活を考えながら主治医と納得がいくまで話し合いながら決めることがとても重要です。

また近年、抗がん剤治療は通院でも可能な治療へと変化してきました。日常生活を送りながら治療を続けることができるようになったのは、副作用を軽減するための薬などが開発されたことが大きいといえます。

通院治療が可能になり、入院によるストレスも減り、リラックスした状態で治療を続けられることで副作用にも大きな変化が現れます。

吐き気やだるさなどは精神的な影響を受けやすいからです。ちなみに抗がん剤治療は初めに副作用が強くでてつらいものですが、時間と共に軽くなることが知られています。